×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

雨のノエル



 ここにはいろんな雨が降っている。誰もが、その雨に体を濡らしている。
 鉄の雨、燃えさかる火の雨、そして赤い雨。
 それがやんだら、よどんだ黒い雨と、悲しみの雨。
 ぼくは幸運なことに、どの雨にも濡れてはいない。でも、それって本当に幸運なんだろうか。いつかはぼくにもそんな雨が降りかかってくるかも知れない。明日かも知れない、もしかしたら今すぐかも。結局、そんなの、ぼくには分からないんだ。
 そんな程度の幸運に一喜一憂していられるほど、楽観的な状況でもない。
 戦場っていうのは、そういうものらしい。

 本当はぼく、雨が好きだったんだ。
 ぼくがまだ子どもだったころの話だ。
 雨に濡れて帰ったことがあった。あれはいくつぐらいだったろうか。
 学校から帰る途中で、急に空がまっ暗になった。遠くの方で一瞬なにかが光った。
 大きなものの落ちるような音がして、その音がぼくのおなかまでをふるわせた。
 数秒後、ぼくはびしょ濡れになっていた。
 なにが起こったのか分からないうちに、ぼくはパンツまで水浸しになった。
 そのとき、ぼくは思ったんだ。
 このまま帰ったら怒られるんじゃないかって。
 顔に濡れた髪の毛をはりつかせて、冷たい体をふるわせて、ぼくはびくびくしながら帰った。
 ぼくの帰る場所は、ぼくの家じゃなかった。物心ついたころから、ぼくはずっとそこで暮らしていた。
 両親の顔なんてほとんど覚えていなかった。
 どういう理由で、両親がぼくを手放したのかは知らない。たぶん、ぼくが他の子どもとは少し違っていたからなんだろう。ほんの少しだけ。
 それでも両親は、そのほんの少しが自分たちには手に負えないと、あきらめさせたのかも知れない。そのほんの少しの重さが、秤を傾かせたのかも。
 まあそんなのは憶測だ。ぼくはずっと両親に会ってはいないし、話を聞かされたこともない。自分から聞いたこともなかった。
 知ったところで、なにか変わるわけじゃない。ぼくが両親と一緒に暮らせるようになったりはしないんだ。知らなければ、うらんだりも憎んだりも、寂しくなったりもしない。
 ぼくの住んでいたそこには、家族はいなかったけれど、いろんな人たちがいて、ぼくの世話をしてくれていた。寂しくはなかったし、なんの不自由もなかった。
 それでも、まわりのみんなは、ぼくとはなんの関係もない他人で、だからぼくはいつもひけめを感じていた。
 面倒をかけたりしたら、怒られるんじゃないかと思っていたんだ。
 びしょ濡れになって帰ったりしたらね。
 でも、そんなことはなかった。
 帰ったら、みんなが心配して出迎えてくれた。
 ふるえていたぼくを、ふわふわの白いタオルが包んでくれた。
 シャワーは、すっかり冷えてしまったぼくの体をあたためてくれた。
 ヒーターの前には、ぼくと同じぐらい水浸しになった鞄の中身が並べられていた。
 新聞紙の上に、濡れてしわしわになった教科書やノートが並んでいた。
 ぼくもそこに一緒に並んで、髪の毛を乾かしていると、肩に手をおかれた。
 風邪をひくといけないからって、ホットレモネードをさしだされた。
 湯気の立つそれをちょっとずつすすっているうち、ぼくの体になにかが流れ込んできた。
 あたたかいなにかが。
 そのとき、ぼくは感じたんだ。
 ああこれが幸せっていうものなのかって。
 ぼくはその日から雨の日が好きになった。
 傘を持っているのに、わざと濡れて帰ったりもした。
 誰かほかの子に傘を貸してあげたりしてね。
 返してくれる子もいれば、そのまま知らんぷりする子もいたけれど、ぼくにとってはどっちだってよかった。
 ぼくには傘なんて必要なかったんだから。
 今になって、なんでみんなはあんなに優しかったんだろうって思う。

 今じゃ、ぼくは本当に傘が必要なくなった。
 雨の中を傘もささずに歩いたって、濡れることはない。ぼくの体の少し手前で、雨は弾かれて地面に落ちる。
 歩くことだってなくなったくらいだ。どこかに行きたければ飛んでいけばいい。
 でも、ぼくの力なんてのはそんな程度のもの。降ってる雨をやませたり、雷を落としたりできるわけじゃない。
 ただほんのちょっぴり便利なだけのもの。
 だって雨に濡れたくなきゃ傘をさせばいいんだし、歩くのが嫌なら車にでも乗ればいいんだ。遠くに飛びたければ飛行機にでも乗ればいい。
 ぼくなんかは、ただ、ほんの少し、他とは違っているっていうだけでしかない。
 それは子どものころから、そうだった。
 だからみんなが優しかったんだろうか。
 そんなことはないな。
 ぼくが特別な子どもじゃなかったとしても、きっとみんなは優しかった。
 いや、それも違うな。
 たぶん、そう、子どもはみんな特別なものなんだ。
 ひとりずつ、みんなが特別な子どもで。
 そんな子どもが、今日も生まれた。
 昨日だって生まれたし。
 明日もきっと生まれる。
 まるで毎日が聖誕祭なんだ。
 そのうち、ぼくの子どもが生まれる日だってやってくるかも知れない。
 そんな日だって、いつかは。
 そうしたら、彼にも、帰る場所をつくってやろう。こんな雨ばかりの場所じゃなく、しっかりした屋根のある場所を。
 雨に濡れてみじめな気持ちで帰ってきても、あたたかく迎えてくれるような場所を。
 本当の意味で、彼が特別な子どもでいられるような、優しい場所を。
 はたしてぼくにできるんだろうか、ほんの少しのこの力で。
 もしかしたら、ぼくはここでいなくなってしまうかも知れない。雨がやむのを待っているうちに、びしょ濡れになって、もうそれは乾くこともないかも。
 なんてね。そんな疑問にはなんの意味もない。
 ただ、やるだけのことさ。
 ぼくがみんなに、そうしてもらったように。
 
 雨の日を好きになるように。
 
 こんな雨でも。
Copyright 2008 zobinn All rights reserved.